皮膚科で貰ったニキビ跡に有効なビタミン薬と値段 [シナール/ビフロキシン]

20代後半になるとニキビができにくくなってきましたが、それでもできるときはできるものです。

更に治ったとしてもニキビ跡というか赤み?が残ってしまい、見た目が汚くなりがち。特にお酒を飲んで血行が良くなると目立ちます。

今回は重い足を引きずりながら皮膚科に行って相談して、実際に貰ったビタミン剤を紹介します。男でも美肌でいたいんです。

目次

皮膚科で貰ったニキビ跡に有効なビタミン薬

皮膚科に行って最初にお願いしたのは、「ニキビ跡の赤みを抑える塗り薬がどうしても欲しい」でした。

しかしそんなものは無いと一蹴り。時間の流れに身を任せろとのこと。

少しばかり嫌な顔をしてみたら、ビタミン薬を処方してやろうと提案が。迷うことなく頭を縦にふりました。

それが今回紹介するシナール配合錠とビフロキシン配合錠です。

シナール配合錠

シナール配合錠は、シミやそばかすの予防に用いられるビタミン錠です。主な成分はビタミンCということで、メラニン色素を抑制してくれるとのこと。

飲むタイミングは朝食後と夕食後です。1回で2錠です。

ビフロキシン配合錠

ビフロキシン配合錠は、皮膚や粘膜を正常に保つビタミン錠です。主な成分はビタミンBということで、湿疹や皮膚炎、ニキビなどに用いると効果的らしい。

飲むタイミングは、シナール配合錠と同じで朝食後と夕食後です。1回で2錠です。

気になるお値段

今回は1カ月分だけ貰いました。量が凄いです。

点数的には140点だったので薬剤管理点数を合わせて200点くらいです。つまり値段的には保険の3割負担で、700円弱ということになります。

高級な化粧品にお金使うよりは安上がりだと思います。

おまけ/皮膚科に行きたくない?

ちなみにビタミン剤とは別にニキビ予防の塗り薬を貰いました。ベピオゲルという冷蔵庫保管しておくタイプです。でも一番の悩みはやっぱりニキビ跡の赤みだったので、今回はメインでビタミン剤を紹介してみました。

これから1カ月試してみて、良い結果を共有できたらと思います。

皮膚科に行くのが面倒だという人は、以下のようなネットで買える第3類医薬品でも良いと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

情報工学専攻の修士課程を卒業後、某企業の情報系技術職として勤務。新しいことが好きなので、技術のキャッチアップをして発信しています。

■Skills
C / C++ / JavaScript / Python / Ruby / Git / HTML&CSS

■Hobby
旅行 / カメラ / 動画制作

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる