映像・動画上の動く物体を超簡単に消す方法【AfterEffectsのコンテンツに応じた塗りつぶし】

ども、Simiです。
今回は映像上の動く物体を超簡単に消す方法を紹介します。

こんな感じでおっさんを消したり色々やります。

使用するソフトはAdobe社が開発しているAfterEffectsです。
写真上の物体を自然に消すのはPhotoshopで楽にできるんですが、映像上の物体を綺麗に消すとなるとAfterEffectsを使用するのが便利です。

景色の中に鳥が写ってしまった場合だとか、街中を撮影中に人が写ってしまった場合、レンズにゴミが付いていた場合など、邪魔な物体を消したい人は参考にしてみてください。

文字だけじゃわからん!って人は動画でどうぞ。

動画の流れはこんな感じ。

STEP
画面右側の大きく動くおっさんを消す

映像上で大きく動く物体を消去します。
マスクを使用して手動で切り抜いてコンテンツに応じた塗りつぶしを使用すると消えます。

STEP
画面中央の小さく動くお姉さんを消す

映像上で小さく動く物体を消去します。
マスクを自動で切り抜くトラッカーを使用した後、Step1と同様のコンテンツに応じた塗りつぶしを使用すると消えます。

STEP
カメラレンズに付着したゴミを消す

撮った後にショックを受けるカメラレンズに付着したゴミ、、、これを消去します。これは映像上で全く動かない物体なので、マスクは一瞬で終わります。 Step1と同様のコンテンツに応じた塗りつぶしを使用すると消えます。

本記事も上記の流れで詳しく解説していきます。

目次

おっさんを消去する

まずは元の動画をクリックした状態で楕円形ツールを選択すると、動画にマスクのレイヤーが出現します。
ここはマスクで切り抜ければ良いので、消したい物体に合わせて「長方形ツール」や「楕円形ツール」、「ペンツール」を使い分けてください。

「楕円形ツール」が無い場合は「長方形ツール」を長押し、もしくはAlt + 右クリックで選択できます。

次におっさんを切り抜きます。

この状態だと切り抜きにくいので、「加算」を「なし」に戻します。

マスクパスでマスクの状態を記録して、フレームを適当に動かしながら円形マスクをおっさんに合わせてずらしていきます。

1フレームずつやっても良いですが時間が掛かるので、適当なフレームでマスクしてから最後に微調整します。これはマスクパスは始点と終点さえ決めれば、一定の速度で移動してくれるためです。なので動きが一定な物体に対してはかなり有効。

ちなみにこの後女性を消すんですが、その際はこの作業を自動でやってくれる便利ツールを紹介します。

適当にマスクが済んだら、全体を確認しておっさんをマスクできていない箇所を微調整していきます。もし消したい物体がマスクから飛びている場合はここで修正しときましょう。

微調整が終了したらいよいよおっさんを消すときです。マスクの状態をさっき「なし」にしましたが、「減算」にしといてください。

「コンテンツに応じた塗りつぶし」をウィンドウから出してきてください。

塗りつぶし方式は「オブジェクト」、描画は「ワークエリア」に設定します。

塗りつぶし方式の「オブジェクト」は動く物体を消去したいとき、「面」は静的でフラットな面(汚れや看板など)を消去したいとき、「エッジブレンディング」はテクスチャのない表面上の静的オブジェクト(紙の上の文字など)を消去したいときに使うようです。

おっさんをマスクできているか自信の無い人は「アルファ拡張」の値を大きくしといてください。
自信のある人は「アルファ拡張」を0にしてください。

「アルファ拡張」を大きくし過ぎると予期せぬ不具合が起こるので注意。後で例を見せます。

設定が完了したら「塗りつぶしレイヤーを生成」をクリックして分析とレンダリングを行います。

動画の長さや物体の大きさによって分析とレンダリングの時間は変化してきます。

レンダリングが終了したら再生してみてください。

おっさんが消えていますね!成功です。

「コンテンツに応じた塗りつぶし」は物体を消すときに超便利。

Simiのアイコン画像Simi

あれ、なんだこのpngファイル。。。

実はこのpngファイルがかなり重要です。
中身を見てみましょう。

切り抜いた部分に画像処理を適用することで、おっさんを消したレイヤーになっていることが分かります。
このレイヤーをおっさんを切り抜いた動画に上から被せることで、おっさんの消去が完了しているわけです。

Simiのアイコン画像Simi

仕組みは分かったけど凄い技術です。。。

前後のフレームを基に画像処理して補完しているっぽい。

てな感じでおっさんを消去できましたと。

お姉さんを消去する

じゃあ次はもっと簡単にお姉さんを消去してみます。

先ほどと同様に「楕円形ツール」で女性を囲んでマスクします。

そしたらトラッカーという便利ツールを使うのですが、画面に「トラッカー」が出ていない人は「ウィンドウ」から出しておいてください。

あとはマスクをクリックした状態で右矢印ボタンをクリックしたら、なんと女性を自動で追尾してマスクしてくれます。

トラッカーは超便利なマスク自動切り抜きツール。

あとはおっさんを消したときと同様に「コンテンツに応じた塗りつぶし」で透明化します。

遠目で見ると良い感じに消せているのですが、拡大してみると違和感が。

そう、となりの看板の一部が消えてしまっています。

これはなんで起こっているかというと、アルファ拡張を大きくしすぎたせいです。

余分なところまで消して、しかも看板はすべてのフレームでマスクで切り抜かれているので前後のフレームで補完のしようが無かったので、不自然な消え方をしたわけです。

このようにアルファ拡張はマスクが大雑把でも補助的な役割はしてくれるのですが、大きくしすぎると予期せぬ補完をしてしまうわけです。

アルファ拡張を0にするとこんな感じで女性だけ上手く消せています。

カメラレンズに付着したゴミを消す

続いて以下の場面のようにカメラレンズにゴミが付着してしまった場合にゴミを消す方法を説明します。

今回消去するゴミはこちら!

カメラレンズに付着しているゴミは実質動いていないので、マスクをある1フレームでかけちゃえば一瞬で作業終了です。そうなんですが、今回はなんか心配だったんで複数フレームにマスク追加しちゃってます。1フレームだけで多分大丈夫です。

あとは先ほどと同様に 「コンテンツに応じた塗りつぶし」で物体を消去しましょう。

消えてます!一番簡単でしたね。

まとめ

はい、いかがだっったでしょうか。

今回は映像上の動く物体を超簡単に消す方法を解説しました。

今回の便利ツール
  • 「コンテンツに応じた塗りつぶし」で物体を消去できる
  • 「トラック」で映像的にあまり動いていない物体を自動でマスクできる

結構便利なツールだと思います。 邪魔な物体を消したい人は参考にしてみてください。

動画の方が分かりやすいと思うので、もし文字じゃ分かりにくいわ!って人がいたら動画でどうぞ。

では!

この記事を書いた人

SimiBlogの管理人です。大企業でエンジニアとして働きながら動画クリエイターとしても活動しています。

■プログラミング
組込み系/Web系の知識あります。
C/C++/Python/JavaScript/React/Ruby/PHP
■動画制作
PremirePro/AfterEffectsを使ってます。
ノウハウ系/日常系動画をYouTubeに投稿してます。
■趣味
旅行/カメラ/動画編集

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる