「夢をかなえるゾウ」を映画風に紹介してみた【YouTube初投稿】

「夢をかなえるゾウ」という本をご存じでしょうか。

冴えないサラリーマンが有名人・芸能人のいる華やかな世界に憧れて、ガネーシャ様の特訓をこなして成長する物語です。

最近読んでみて面白かったので、YouTube上にて 映画風に紹介してみました。

そして記念すべき最初の投稿となります。それがこちら↓

Premiere Proを導入して2日後に作った練習用の動画なので完成度はお察しです(笑)

本記事では、この動画の制作背景を説明していきます。

動画制作に興味のある方は参考してみてください。

目次

動画のポイント

3Dカメラトラッキング

動画冒頭にて本の表紙を建物の壁にくっつけてる技術は、3Dカメラトラッキング技術というやつです。

3DカメラトラッキングはAfterEffectsで実装可能でして、建物や壁など平面上に任意の画像や動画を合成することが可能です。

今回の動画ではカメラと壁が正面で向かい合ってるし素材の質が全く異なるので違和感満載ですが、斜めの壁とかに上手く合成できると一目置かれる技術な気がします。

映画風シネマフォント

映画風のフォントは「TBシネマ丸ゴシック Std」を使っています。

Adobe FontsからPremiere Proに導入しました。

Adobe Fontsは色んなフォントを簡単に導入できるのでめちゃ便利です。

3D文字アニメーション

音楽のサビから3Dアニメーションを使っています。

切り替わり早すぎて文字読めないのは十分承知(笑)

3DアニメーションはAfterEffectsで実装しましたが、今まで作ったことがなかったので少し手惑いました。

ここはもっとクオリティを高められる気はしたけど、今回は練習ということで妥協です。

課題として残っています。

フリー素材

動画素材

今回使用した動画はすべて商用利用可能なフリーの動画です。

Pixelsというフリー素材を提供するサイトは種類も豊富で変な広告も無いので、個人的におすすめ。

楽曲素材

使用している曲は「Rival x Cadmium – Seasons (feat. Harley Bird)」です。

NoCopyrightSoundsというYouTubeコミュニティではフリーの楽曲を提供していて重宝しています。

説明文に指定の文章を貼り付ける必要があるので、使用する際は注意です。

まとめ

YouTubeに投稿した動画、”「夢をかなえるゾウ」を映画風に紹介してみた”の動画制作背景について説明しました。

今回紹介した動画はYouTubeへの初投稿動画ということもありクオリティは低いですが、3Dトラッキング技術や3Dアニメーションなど動画制作において重要な技術を実装して勉強することができました。

今後もYouTubeに動画を投稿するたびに動画制作背景を説明していこうかなと思います。

動画制作に興味のある方は参考にしていただければ幸いです。

紹介した本はクスっと笑えるような内容で面白いのでお勧めです(笑)

この記事を書いた人

SimiBlogの管理人です。大企業でエンジニアとして働きながら動画クリエイターとしても活動しています。

■プログラミング
組込み系/Web系の知識あります。
C/C++/Python/JavaScript/React/Ruby/PHP
■動画制作
PremirePro/AfterEffectsを使ってます。
ノウハウ系/日常系動画をYouTubeに投稿してます。
■趣味
旅行/カメラ/動画編集

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる