お金持ちになる方法は3つだけ【意識していないと損】

Simiのアイコン画像Simi

どうも、Simiです。

お金持ちって憧れますよね。昔から、本やウェブサイトでは様々なお金持ちになる方法が提案されていると思います。しかし、情報の過多や難解性により結局どうやったらお金持ちになれるのか迷い混乱している人もいるのかな?いないのかな?(笑)

「頭の中を一度整理して、より効率的に行動しよう。」というのが本記事のテーマです。

もちろん、お金に関する知識が全く無い人でも読みやすくしたつもりですので、参考にしていただければ。 

本記事の内容
  • お金持ちになる方法は3つしかない
  • お金持ちになる方法を意識しながら行動することでより効率的に資産を形成できる

僕は新卒1年目にして数百万円の貯金を保持しています。自慢とかではなく事実です。

数百万円じゃお金持ちとは言えませんが、新卒の時点だと多い方だと思います。

なぜこんなに貯金があるか?思い返してみると、学生の頃からお金が好きで、「お金持ちになる方法」を意識していました。

まず結論から言ってしまうと、お金持ちになる方法は以下の3つだけ。

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 運用利回りを上げる

当たり前だと思う人もいるでしょうが、これらを意識していないせいで損をしている人は多いです。

確実にお金持ちになる方法など存在しませんが、本気でお金持ちになりたいのなら、この3つの方法を意識しながら行動することでより効率的にお金を増やすことができるでしょう。

それでは具体例や意識の仕方を交えつつ説明します。

目次

超簡単なお金持ちの方程式とは

ハワイ出身の日系アメリカ人ロバート・キヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」がベストセラーになって以降、書店には「お金持ち」に関する本が多く並ぶようになりました。

この本では、お金持ちになる方法は1行の方程式で表せると記述されています。

これがお金持ちの方程式です。

資産形成=(収入-支出)+(資産×運用利回り)

非常にシンプルです。お金持ちの方程式は個人でも企業でも同様です。

純利益(収入-支出)を増やし、本業の収益力を向上し、保有している資産を有効活用することです。

これ以外のお金持ちになる方法は存在しません。

この方程式を見てみると、お金持ちになるためには次の3つの方法しかないことがわかります。

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 運用利回りを上げる

1つ目の「収入を増やす」を意識できている人は多いのですが(行動できているかは置いといて)、2つ目の「支出を減らす」を意識できていない人は多いです。

本当にお金持ちになりたいのなら、この3つの方法を常に意識しておくことが重要です。

それでは1つずつ具体的にこれらの方法を紹介します。ただ今回はあくまで「紹介」であり、実践的な方法は別記事にしています。

お金持ちになる3つの方法

収入を増やす

資産形成の大前提は、純利益を確保することです。つまり収入は非常に大事な要素です。収入を増やす最も単純な例は、「出世して給料を上げること」や「事業を成功させること」です。

ちなみに僕が学生のときの収入源は、アルバイトとお小遣いと株(短期トレード)でした。現在は普通にサラリーマンとして給料を貰っていますが,長期投資と副業はやっていて、起業にも目を向けています。

収入を増やす方法は人それぞれですが、時代に合った方法をとることで効率的に資産を形成しましょう。ちなみに現在はコンテンツマーケティングといった戦略で自分の商品やサービスを持つことが重要な時代となっています。

支出を減らす

「お金が無い!」と言っている人ほど実践できていないのが「支出を減らす」ことです。支出を減らせば確実にお金が貯まっていきます。

物凄く単純な例だと、「友達と同居して家賃を半分にする」や「洋服を無駄に買わない」などです。少し難しい話だと、税金が適用される所得(課税所得)を減らすよう工夫するなどです。

ちなみに僕はケチな性格なので、学生時代は毎日水筒を持参し、昼食は100円のパンで済ましていました。社会人である現在は友人とルームシェアをする計画も練っています。

今や大富豪のメンタリストDaigoさんでさえも、学生時代は本を買う(自己投資)ために昼食を抜いていたそうです。

支出を減らし、資産形成のための投資に回すのがお金持ちへの近道です。日頃からケチになることで、無駄な出費を抑えましょう。

運用利回りを上げる

お金持ちになる上で資産運用は欠かせません。資産運用の例としては、株投資や不動産投資などです。

サラリーマンでさえも確定拠出年金として給料の一部を資産運用するのが一般的ですので、言うなればサラリーマンも一種の投資家なのです。

元金が多いに越したことはないですが、最近は積み立てNISAなどの元金が少ない人向けに税金が優遇されるシステムや、ネットで始められる投資など身近に手軽な手段が存在しているので、これらを有効活用しましょう。

それに現在の日本はもはや老後の面倒を見てくれないので、個人が投資家として金融の知識を持っておかなくてはいけません。常に情報収集のアンテナを張っておき、適切な手段で資産運用をしていきましょう。

まとめ

お金持ちになる方法として以下の3つを紹介しました。

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 運用利回りを上げる

これらの方法は当たり前のようですが、日常生活で意識しているのと意識していないのでは数十年後の資産が大きく変わってきます。

今回は紹介だけになりましたが、具体的な方法は別記事で説明しているので興味のある方は参照していただければと思います。また、具体的な方法は人それぞれ異なりますので、自分に合った本を買うなどして知識を蓄えてから実践に移しましょう。

この記事を書いた人

SimiBlogの管理人です。大企業でエンジニアとして働きながら動画クリエイターとしても活動しています。

■プログラミング
組込み系/Web系の知識あります。
C/C++/Python/JavaScript/React/Ruby/PHP
■動画制作
PremirePro/AfterEffectsを使ってます。
ノウハウ系/日常系動画をYouTubeに投稿してます。
■趣味
旅行/カメラ/動画編集

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる