大企業の4月初任給を公開します【大学院卒の給料】

大企業の4月初任給を公開します【大学院卒の給料】

3月に大学院修士課程を修了し、4月から大企業で働き始めました。

今回は、初任給を公開します。(笑)

大企業勤めを考えている人、初任給の相場に興味のある人、自分の給料と比較したい人は参考にどうぞ。

目次

そもそも大卒の新卒社員の初任給はいくら?

厚生労働省の調査によると、初任給の全国平均は企業規模別には以下のようです。

  • 大企業:206,900円
  • 中企業:201,100円
  • 小企業:199,100円

大企業・中企業だと20万オーバー。

小企業と大企業の差は思ったほど無いなという印象。高卒だともっと低くなります。

僕の初任給は○○円

早速ですが、僕の初任給を公開します。

給与明細はこんな感じ↓です。(一部隠しときます。)

見てわかるように、僕の初任給は24万↑円でした。

そこから雇用保険料と社会保険料、所得税を引かれて、受け取ったのは23万円くらいです。

ちなみに大学院卒の平成29年における平均初任給は233,400円ですので、僕の初任給は普通か若干高めだと思います。

企業によっては、初任給は半分とか0円というところもあるので、大企業様様です。

とはいっても、すでに社会人の方はわかると思いますが、東京で暮らすなら23万円は少ないです。

サラリーマンの収入には限界がある

学生目線だと20万円は大金ですが、一人暮らしをすると自由に使えるお金は少なくなってしまいます。

家賃7万円、貯金2万円、その他諸経費(食費など)5万円だとすると、自由に使えるお金はたったの6万円です。1都3県の平均生活費は約14万円といわれているので、これは妥当な見積もりです。

サラリーマンがいくら頑張っても限界はあるので、副業は必須かと思います。なので会社を選ぶ際は、副業OKの企業を選ぶと良いと思います。

まとめ

以上、僕の初任給公開してみました。たぶん高い方だと思いますが、これは大学院卒というアドバンテージのおかげです。

実際一人暮らししちゃうとお財布カツカツになるので、副業でどうにか余裕持たせないとですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

SimiBlogの管理人です。
都内国立大学の情報工学専攻の修士課程を卒業後、新卒で某企業の情報系技術職に就職しました。転職など新しいことを経験してみたいので、技術のキャッチアップをして発信しています。

■技術スタック
C / C++ / JavaScript / Python / Swift / HTML / CSS / Git / Jenkins

■趣味
旅行 / カメラ / 動画制作

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる