食べ物の匂いの誘惑に勝つ方法が見つかった!

良い匂いにつられて甘い物やカロリーの多い食べ物を食べてしまうことってありませんか?

本記事では、あることをするだけで良い匂いのする不健康な食べ物の誘惑を軽減できるという2019年にサウスフロリダ大学から発表された研究 [1] を紹介しています。

目次

中学校の食堂での実験

実験内容

アメリカの中学校の食堂で行われた900人の学生を対象とした実験です。

以下のように3つの日に分けて食堂をある匂いで満たしました。

  • 1日目:ピザ(不健康な食べ物)の香りを充満させる
  • 2日目:リンゴ(健康な食べ物)の香りを充満させる
  • 3日目:無臭

その日に購入された健康的な食べ物と不健康な食べ物の割合を観察します。

実験結果

以下の図は左からピザの香り、リンゴの香り、無臭の日における購入された健康的な食べ物と不健康な食べ物の割合です(黒棒が健康的な食べ物、白棒が不健康な食べ物)。ピザの匂いを充満させた日は不健康な食べ物が21.43%でしたが、リンゴの匂いを充満させた日は36.96%でした。

つまり、ピザの匂いを長時間嗅いでいると不健康な食べ物に対する購買意欲が低下するということです。

[1] より引用

ちなみにリンゴの香りの日と無臭の日で実験結果に差はほぼ無かったっぽいです。

スーパーマーケットの食品販売の実験

実験内容

今度はスーパーマーケットにおいてある香りをランダムな時間に発生させ、客の購買内容を観察しました。

その匂いは、クッキー(不健康な食べ物)の香りとイチゴ(健康な食べ物)の香りです。

実験結果

以下の図は左からクッキーの香りとイチゴの香りにおける客が買った商品の割合です。黒棒が健康な食べ物、グレー棒が不健康な食べ物、白棒がどちらでもない食べ物です。

クッキーの香りを出している時間帯は不健康な食べ物が29.53%を占めており、イチゴの香りを出している時間帯は45.41%でした。

つまり、クッキーの匂いを長時間嗅いでいると不健康な食べ物に対する購買意欲が低下するということです。

[1] より引用

以上のような結果が得られた理由は、嗅覚情報が味覚情報に干渉し、ピザやクッキーの匂いを嗅ぐことで味覚が満たされたためらしいです。

これはクロスモダリティ効果というものの一種で、人間の五感が互いに影響し合うことが知られています。

クロスもダリティ効果とは、認知科学や心理学で、視覚と味覚、視覚と聴覚など、本来別々とされる知覚が互いに影響を及ぼし合う現象のこと。赤い色を付けた甘味料が入った飲み物はイチゴ味を連想させるなどの例が知られる。

結論

甘い食べ物やカロリーの高い食べ物を含む不健康な食べ物の香りを嗅いでいると、それらの食べ物に対する食欲が失せやすいという研究でした。

味覚と嗅覚って互いに影響し合うのですね。ダイエットをしたいと考えている人には朗報ではないでしょうか。

もしカロリーの高い食べ物を目の前にしたときは、2分ほど匂いを堪能してください。きっと食欲は軽減されているはずです。


参考文献

[1] Biswas, Dipayan and Courtney Szocs (2019), “The Smell of Healthy Choices: Cross-Modal Sensory Compensation Effects of Ambient Scent on Food Purchases,” Journal of Marketing Research, 56 (1), 123-141.

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

SimiBlogの管理人です。
都内国立大学の情報工学専攻の修士課程を卒業後、新卒で某企業の情報系技術職に就職しました。転職など新しいことを経験してみたいので、技術のキャッチアップをして発信しています。

■技術スタック
C / C++ / JavaScript / Python / Swift / HTML / CSS / Git / Jenkins

■趣味
旅行 / カメラ / 動画制作

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる