メンタリストDaigoおすすめのワセリンを半年使ってみた感想【万能スキンケアオイル Vaseline】

Simiのアイコン画像Simi

ども、乾燥にめっぽう弱いSimiです。

今回はメンタリストDaigoさんが紹介していたワセリンを購入して半年使ってみたら乾燥対策にかなり良かったのでレビュー的なやつをします。 乾燥や肌トラブルで悩む人の参考になれば幸いです。

購入した商品はこちらのユニバース社が生産しているVaseline(ヴァセリン)というワセリン。

ココナッツオイルに引き続きDaigoさんの紹介品です。

目次

ユニバース社のワセリン Vaseline(ヴァセリン)とは

公式の商品紹介は以下。

1870年にアメリカで誕生して以来、世界90カ国以上で展開しているスキンケアブランド。ヴァセリンブランドの基幹商品であるピュアスキンジェリーは、ほぼピュアなワセリン、防腐剤無添加・無着色・無香料。ナチュラル処方の保湿オイルとして、広く親しまれています

原材料・成分は ワセリン、酢酸トコフェロール、BHT でありワセリンを加工して肌になじむように加工されているおかげか唇、顔、手、足など体全体に使用することができます。

価格は40gだと約450円、200gだと約600円です。

Vaseline(ヴァセリン)を半年使ってみた

冒頭でも述べましたが、Vaseline(ヴァセリン)を半年使ってみたので、良い点と気になる点を交えてレビューします。

Vaseline(ヴァセリン)
Vaseline(ヴァセリン)

実は最初に買ったやつは使い切ったので、上の写真のヴァセリンは2代目と3代目となります。

良い点

体全体に使える安心さ

一番の良い点は体全体に使える点。

僕が最も使う部位は「唇」です。そこらのリップクリームより長持ちしますし、テカリも少なく保湿されてる感があって安心します。

次点で使う部位は「手」です。ハンドクリーム代わりですが、塗りすぎるとべた付くので注意が必要。

メンタリストDaigoさんによると、保湿がスキンケアで最も大事ということなので、顔に使えばニキビなどの皮膚疾患対策にもなります。

Simiのアイコン画像Simi

肌に優しいので、どこの部位にも使えて良き。

水に強い

ココナッツオイルと違って水にかなり強いです。なので唇に付けても唾液で落ちることはないです。

コスパ最強

価格の安さと量を考えるとコスパ最強の保湿オイルです。

200g入りが最もコスパ良いですが結構でかいので、普段持ち運びたい場合は40gをお勧めします。

家で使うのは200g、バッグに入れるのは40gというように使い分けると良い感じ。

気になる点

気になる点が1点だけ。

指を使わないといけない。

自分はわりと潔癖症なので、「指についた菌が残りのワセリンに広がらないかなー」と心配になってしまいます(笑)なのでワセリンを使う前はちゃんと手を洗うようにして対策してます。

「べたついた指で何か別の物を触ると菌がくっついてくるんじゃないかー」と心配になることも(笑)

まとめ

今回はメンタリストDaigoさんが紹介していたワセリンについてレビューしました。

  • 肌に優しく全身に使える
  • 水に強いので落ちにくい
  • 価格が安くコスパ最強

今では家族で使うためにリビングに1つは常備している保湿オイルとなっています。

乾燥対策だけでなくメイクの下地にも使えるので、万能スキンケアオイルとしてお勧めしてみました。

乾燥や肌トラブルで悩む人の参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

SimiBlogの管理人です。大企業でエンジニアとして働きながら動画クリエイターとしても活動しています。

■プログラミング
組込み系/Web系の知識あります。
C/C++/Python/JavaScript/React/Ruby/PHP
■動画制作
PremirePro/AfterEffectsを使ってます。
ノウハウ系/日常系動画をYouTubeに投稿してます。
■趣味
旅行/カメラ/動画編集

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる