【ネスカフェ ドルチェ グストが無料?】簡単にコーヒーを作れる【8か月使用感想】

Simiのアイコン画像Simi

コーヒーは身体に良いらしいけど、毎朝作るの面倒だなあ。

本ブログではコーヒーがいかに健康かを解説したことがありますが、毎朝コーヒーを作るのは面倒ですよね。

最近話題になってきていますが、カプセル式のコーヒーマシンは粉を入れるなどの面倒な作業が無く、お手入れが簡単です。

私は8か月ほど「ネスカフェ ドルチェ グスト」というカプセル式のコーヒーマシンを使用していますが、朝の時間もお金も節約できるのでおすすめです。

しかもマシン本体は無料なので初期費用はゼロで始められます。

誕生日祝いなどのプレゼント・ギフトとしても十分に活躍できます。

僕が実際に使っている様子の動画です↓(笑)

コーヒーマシンが無料!/ネスカフェ ドルチェ グスト

Simiが使っているマシン

今回は8か月使用してみての感想やおすすめポイント、注意点について説明します。

目次

ネスカフェ ドルチェ グストとは

世界中で話題のコーヒーマシン

「ネスカフェ ドルチェ グスト」はネスレが提供しているカプセルで作るコーヒーマシンです。

日本国内だけなく世界70か国以上で展開されていて、最近話題になってきています。

カプセル定期便に申し込めばマシン本体は無料ですし、カプセル自体もかなり安く手に入るので、従来のコーヒーマシンよりもランニングコストを抑えることが可能です。

カプセルは20種類以上

味の種類は非常に豊富で20種類以上あるので、飽きることがないです。

初回申し込み時に「バラエティカプセルセット」が無料で付いてきますので、実際に色々飲んでみて好みの味を選ぶのがおすすめです。

おすすめポイント

淹れ立てで美味しい

カプセル式のコーヒーの味に不安感を抱いている人は多いと思います。

飲んでみたら分かりますが、めちゃくちゃ美味しいです(笑)

コーヒー専門店にも負けないくらい繊細なクレマ(泡)もしっかり作ってくれますし、淹れ立てホヤホヤ感があって匂いも良いです。

マシン本体も送料も無料

カプセル定期便に申し込めばマシン本体は無料ですし、送料も無料です。

カプセル自体が1個20円くらいで相当安いので節約したい方にはおすすめです。

「プレゼントとして買いたいから定期便は無理!」という人でも、マシン本体は3000円代で購入できるのでお手軽価格でおすすめですよ。

好きな味のカプセルを選べる

好みに合わせてカプセルを選べるので,コーヒーライフを飽きずに楽しむことができます。

私は抹茶系やミルク系など色々飲んできましたが、現在はこんな感じ↓になっています。

色々試した結果、リッチブレンドとカフェオレに収束しました(笑)

ブラックを楽しみたい気分のときはリッチブレンド。

ミルク系を飲みたい気分のときはカフェオレ。

などそのときの気分に合わせて飲むようにしています。

お手入れが簡単

これはカプセル式の利点ですが、操作が簡単で時間が節約できます。

流れとしては、「作る➔捨てる➔片づける」の3ステップです。

作るのなんて、以下の3ステップで1分くらいで終わります。

  1. 水・カプセル・マグカップをセット
  2. マシンのスイッチをONにして水の量を設定
  3. レバーを上げて作成開始

8か月使ってみた感想

使ってちょうど8か月が経ちました。

ほぼ毎日コーヒーを作っていますが、故障は全然無いです。

1分程度の短時間で作れますし、味も美味しく香りも満足です。

注意点

適切な水の量はカプセルごとに決まっているので、これを間違えると味が薄くなったり濃くなったりします。

自分で水の量を毎回設定する必要があるので、注意が必要です。

私は水の量を多く設定しすぎて、マグカップから溢れさせたことが2回ほどあります(笑)

まとめ

ネスレが提供している「ネスカフェ ドルチェ グスト」について感想やおすすめポイント、注意点について説明しました。

時間やお金も節約できて、味も美味しいのでおすすめです。

自分用だけでなくプレゼント・ギフトとしても十分に活躍できます。

コーヒーマシンが無料【ネスレ日本公式】


この記事を書いた人

SimiBlogの管理人です。大企業でエンジニアとして働きながら動画クリエイターとしても活動しています。

■プログラミング
組込み系/Web系の知識あります。
C/C++/Python/JavaScript/React/Ruby/PHP
■動画制作
PremirePro/AfterEffectsを使ってます。
ノウハウ系/日常系動画をYouTubeに投稿してます。
■趣味
旅行/カメラ/動画編集

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる